口臭と体臭の予防対策TOP > 関連ニュース > 病気のニオイ「口臭・体臭」

病気のニオイ「口臭・体臭」


病気が原因で
口臭(体臭)がしていることも珍しくありません。具体的にはどのような病気だと、どんな口臭(体臭)がしてくるのでしょうか?

■病気と口臭(体臭)

◎血のようなにおい→呼吸器系の病気

「鼻やのど、気道に炎症を起こすと、そこに細菌が増殖します。これが口臭のもと。一般にはタンのにおいとして気がつくことが多く、血なまぐささがあります」。

考えられる病気は・・・

・副鼻腔炎
・気管支炎
・咽喉頭(いんこうとう)炎
・蓄膿(ちくのう)症

など・・・

このような口臭がする場合は、耳鼻咽喉科や呼吸器内科で検査を受けて、抗生物質などで治療することとなります。

◎甘酸っぱいにおい→糖尿病

糖尿病になると、インスリンが不足して糖の分解が進まなくなります。それでは体が困るので、代わりに脂肪をエネルギーに代用する。この過程でできるケトン体という強い“におい物質”が血液に乗って全身をめぐり、口臭や体臭として甘酸っぱいにおいが出るのです」。

一般に糖尿病は、のどが渇いて、だ液が不足しやすくなり、このメカニズムでも口臭が発生する。以前より口臭がきつくなったら、糖尿病が悪化した恐れありますので注意が必要です。

◎カビ臭、腐った卵とニンニクが混ざったようなにおい→肝機能の低下

「肝臓は体に悪影響のある毒素を分解する働きがある重要な臓器です。しかし、慢性肝炎やアルコール性肝障害などで肝機能が低下すると、毒素の分解が不十分で、それが呼気や汗に含まれニオイを発することがあるのです」。

まず口の中に苦味を感じ、悪化すると、体からもかび臭さや、腐卵臭とニンニクが混ざったようなにおいがするという。

◎卵が腐ったにおい→胃腸機能の低下

「胃腸機能が落ちると、食物が胃腸に長時間滞留し、異常に発酵します。この発酵過程で、腐卵臭を発することがある。胃腸が弱っていると、腸内は善玉菌が減って悪玉菌が増える。悪玉菌優位によっても、ニオイが出ます」。

強い口臭に、体のだるさや胃もたれなどの身体症状が重なった場合は、消化器内科を受診すべきだそうです。

◎アンモニア臭→肝臓障害

「腎機能が低下して発症する尿毒症になると、アンモニア臭がすることがあります」。

普段はしない“ニオイ”を感じると、不安になるが、本当は病気ではないのに、自分が病気だと信じて疑わない人もいる。ニオイで判断するときは、自分の嗅覚だけを頼りにせず、家族や同僚など第三者の意見も参考にした上で専門医を受診するのが賢明ですよ。

平成19年2月22日・ゲンダイネットより一部引用

ある日から突然、「口臭・体臭」が気になるようになったら、何らかの病気が原因かもしれません。ただ口臭、体臭というものは自分では気付かないものですので、体調不良が続くような場合は家族などに聞いてみたり、逆に「口臭・体臭」が気になるような家族がいる場合は、病気の早期発見にも繋がりますので、教えたあげることも、とても大切になりますね。


天然素材生まれの口臭・体臭対策サプリ

数々のマスコミ、メディアで取り上げられた速攻&強力消臭サプリ“シューナックス”は、口臭、体臭だけでなく便臭、オナラ臭までニオわない♪



 

Copyright © 2006-2019 口臭・体臭を消す!. All rights reserved