口臭と体臭の予防対策TOP > 関連用語集 > 口腔カンジダ症

口腔カンジダ症


口腔カンジダ症とは、口の中にカンジダ(真菌・カビ)が繁殖・増殖して起こる、口の中の粘膜における感染症で、急性型と慢性型があり、鵞口瘡(がこうそう)またはモニリア症ともいわれています。

口腔カンジダ症の原因
口腔カンジダ症の原因であるカンジダ(真菌・カビ)は多くの人の口に棲息する常在菌
口腔カンジダ症の原因であるカンジダ(真菌・カビ)は多くの人の口に棲息する常在菌なのですが、病原性は弱いので、このカンジダが棲息しているだけで口腔カンジダ症に感染することはほとんどありません。

しかしさまざまな病気や疾患で(ガン・糖尿病・白血病・エイズ)、身体の免疫力が低下したり、抵抗力が低下すると、カンジダが増殖・繁殖し、感染してしまうのです。

また唾液の分泌量不足の人や、ステロイド薬・抗菌薬の長期服用、抵抗力の弱い高齢者・乳幼児などが感染しやすいともいわれています。

口腔カンジダ症の症状

・白い苔(こけ)状のものができる

・粘膜が赤くなる

・味覚異常

口腔カンジダ症ははじめ、頬・舌・唇の粘膜に白い苔状のものができ、悪化するとそれらが結合して大きくなったり、口全体に広がっていきます。

またこの苔状のものを無理に取ろうとすると出血したり、より悪化させることにもなりますので注意が必要です。

口腔カンジダ症の治療・対処法
口腔カンジダ症の治療には抗真菌薬のうがい薬などが用いられる
口腔カンジダ症は、抗真菌薬のうがい薬や塗り薬、内服薬などで口の中の清潔を保つなどである程度は改善することができますが、大切なのは原因疾患を突き止め、その病気を治療し、免疫力と抵抗力をつけることがもっとも大切になります。





天然素材生まれの口臭・体臭対策サプリ

数々のマスコミ、メディアで取り上げられた速攻&強力消臭サプリ“シューナックス”は、口臭、体臭だけでなく便臭、オナラ臭までニオわない♪



 

Copyright © 2006-2019 口臭・体臭を消す!. All rights reserved