口臭と体臭の予防対策TOP > 関連用語集 > 歯科衛生士

歯科衛生士


歯科衛生士とは、治療をスムーズに行うために歯科医師の援助・補助を行う、厚生労働大臣認定の国家資格者のことです。

歯科衛生士の役割
歯科衛生士は国家資格

◎歯科予防処置

患者さんの虫歯歯周病(歯槽膿漏)を予防するために歯垢(プラーク)歯石を取り除いたり、口腔の清掃などを行ないます。

◎歯科診療補助
歯科衛生士は歯科医の診療補助などを担当する
診療をスムーズに行うために、診療に必要な器具の管理、準備や後片付け、機器の受渡し、また受付事務などを行います。

◎歯科保健指導

患者さんの口腔の健康を保つために、歯みがき(ブラッシング)の指導や食生活の指導を行います。

国家資格者である歯科衛生士のみが以上のような業務を行うことが出来るのです。

歯科衛生士になるには

歯科衛生士になるには以下のような基準を満たさなければなりません。

1:高等学校卒業後、文部科学大臣または厚生労働大臣指定の歯科衛生士学校、または養成所において2年以上の課程を終了する。

2:歯科衛生士国家試験に合格し、歯科衛生士免許証の資格を取得します。





天然素材生まれの口臭・体臭対策サプリ

数々のマスコミ、メディアで取り上げられた速攻&強力消臭サプリ“シューナックス”は、口臭、体臭だけでなく便臭、オナラ臭までニオわない♪



 

Copyright © 2006-2019 口臭・体臭を消す!. All rights reserved