口臭と体臭の予防対策TOP > 体臭の原因 > 加齢臭

加齢臭


中高年特有の体臭の事を加齢臭と呼ばれています 加齢臭とは、加齢に伴う体質の変化によって発生する、主に40代以降の中高年特有の体臭のことで、ある化粧品メーカーによると、"ノネナール"という皮脂腺から分泌される脂肪酸と過酸化脂質が結びつき、酸化分解された物質が原因だといわれています。

加齢臭の原因であるノネナールの増加原因
加齢臭はアルコールやタバコなど、その原因さまざま
・タバコ(喫煙)
不規則な生活とストレス(緊張)
・過度なアルコール摂取
・乳製品の過剰摂取
・肉類中心の欧米化した食生活

加齢臭の原因であるノネナールを抑えるには、ビタミンCビタミンEポリフェノールなどの抗酸化物質などが含まれている食べ物(食品)を積極的に摂り、ストレスを溜めない、過度なアルコール摂取を控えたりすることが大切です。

また加齢臭は男性が感じることが多く、女性の場合は女性ホルモンがノネナールの発生を抑えるため、男性ほど加齢臭はしないともいわれています。





天然素材生まれの口臭・体臭対策サプリ

数々のマスコミ、メディアで取り上げられた速攻&強力消臭サプリ“シューナックス”は、口臭、体臭だけでなく便臭、オナラ臭までニオわない♪



 

Copyright © 2006-2019 口臭・体臭を消す!. All rights reserved