口臭と体臭の予防対策TOP > 口臭の原因 > お茶(緑茶)

お茶(緑茶)


お茶の飲みすぎは口臭の原因になることも お茶(緑茶)は口臭予防に効果的といわれていますが、逆にお茶(緑茶)を飲みすぎると口臭の原因となってしまうこともあるのです。

お茶(緑茶)にはカフェインという成分が含まれていますが、このカフェインには利尿作用があり、体内の水分を奪い、体だけではなく口の中の水分も奪いますので、唾液の分泌量不足となり口臭の原因となるのです。

またカフェインには私たちがコントロールできない自律神経(交感神経・副交感神経)のうち、交感神経を優勢にする作用があり、交感神経が優勢となると唾液の分泌が抑えられ、口臭の原因となってしまうのです。

お茶は口臭予防が期待できる
お茶に含まれているフラボノイドには口臭予防も期待できる
お茶(緑茶)は飲み過ぎると口臭の原因となってしまうこともあるのですが、よくいわれているように口臭を予防する効果も期待できます。

お茶(緑茶)に含まれているポリフェノールの一種・フラボノイド(ガムにも配合されている)や渋み成分であるカテキンには抗菌・消臭効果があることが分かっていますので、口臭の原因となる口の中の細菌の増殖を抑え、口臭予防に効果的だといわれているのです。

結論からいうとお茶(緑茶)は飲み過ぎなければ口臭予防効果が期待できるのですが、過剰摂取は逆に口臭の原因となることもあるので注意しましょう。





天然素材生まれの口臭・体臭対策サプリ

数々のマスコミ、メディアで取り上げられた速攻&強力消臭サプリ“シューナックス”は、口臭、体臭だけでなく便臭、オナラ臭までニオわない♪



 

Copyright © 2006-2019 口臭・体臭を消す!. All rights reserved