口臭と体臭の予防対策TOP > 口臭の原因 > 腸内環境

腸内環境


腸内環境の悪化は口臭や体臭の大きな原因となります。

腸内には善玉菌・悪玉菌・日和見菌と大きく分けると3種類の細菌が棲息しているのですが、このうち悪玉菌が優勢になり腸内環境が悪化すると、腸内で毒素や有害物質が作られ、この毒素や有害物質が血液を通って全身に流れていき、皮膚(皮脂腺アポクリン腺)や肺などから排出され、口臭や体臭の原因となるのです。

腸内環境が悪玉菌優勢になり悪化すると
腸内環境が悪化すると口臭や体臭の原因に
・口臭や体臭、便のニオイがきつくなる
・肌荒れになりやすい
・発ガン物質がつくられ、大腸ガンなどになりやすい
・消化・吸収力が悪くなり、便秘や下痢になりやすい
・免疫力が低下し、感染症を引き起こしやすくなる
・肝臓をはじめとする内臓に負担がかかる
・ホルモン機能・神経機能・循環器機能などが機能しなくなる
・頭痛、胸やけ、肌荒れ、肩こりなどの症状が現れやすくなる

腸内環境が悪化する(悪玉菌優勢になる)原因
高脂肪・高たんぱく質の欧米化した食生活は腸内環境を悪化させ口臭や体臭の原因になることも
・高脂肪、高たんぱく質、食物繊維の少ない欧米化した食生活
・ストレス
・抗生物質の長期使用

腸内環境が悪玉菌優勢になり悪化すると、口臭や体臭だけでなく、さまざまな症状や病気へと繋がってしまいますので、欧米化した食生活を改めたり、ストレス(緊張)を溜めないように心がけたり、善玉菌を増やしてくれる食べ物(乳酸菌・食物繊維)などを積極的に摂ることも大切かもしれません。





天然素材生まれの口臭・体臭対策サプリ

数々のマスコミ、メディアで取り上げられた速攻&強力消臭サプリ“シューナックス”は、口臭、体臭だけでなく便臭、オナラ臭までニオわない♪



 

Copyright © 2006-2019 口臭・体臭を消す!. All rights reserved