口臭と体臭の予防対策TOP > 口臭の原因 > 起床時(寝起き)

起床時(寝起き)


寝起き(起床時)は唾液が減少し口臭が発生しやすい 起床時(寝起き)は口臭の原因の一つです。

睡眠中は体の中の水分が奪われるのですが、この時に体からだけではなく、口の中の水分も奪われ、必然的に唾液の分泌量不足となり、口臭の原因となってしまうのです。

特に"いびき"をかいたり、寝ている間でも"口呼吸"する人は、より口の中の水分が奪われ、唾液が少なくなり、口臭がきつくなる可能性がありますので注意しましょう。

また唾液が不足するだけではなく、寝る前に歯を磨いていなかったり、ちゃんと磨けていない場合は食べかすが腐敗・発酵し口臭へと繋がることにもなります。

起床時(寝起き)の口臭を予防するには?

寝起き(起床)時には水分補給を
・寝る前に丁寧に歯を磨く
・起きたらすぐにうがい(歯みがき)をして細菌を洗い流し、水分補給を行う

起床時(寝起き)の口臭は生理的口臭といわれ、誰にでも起こるものですし、うがいや歯みがきをしたり、朝食や水分補給をすれば解消されることがほとんどなのでそれほど気にする必要はありません。

逆に気にしすぎると眠れなくなったり、ストレス(緊張)を感じるようになり、より唾液の分泌量が抑えられますので注意しましょう。





天然素材生まれの口臭・体臭対策サプリ

数々のマスコミ、メディアで取り上げられた速攻&強力消臭サプリ“シューナックス”は、口臭、体臭だけでなく便臭、オナラ臭までニオわない♪



 

Copyright © 2006-2019 口臭・体臭を消す!. All rights reserved