口臭と体臭の予防対策TOP > 口臭の原因 > 歯みがき

歯みがき


不十分な歯みがきは当然口臭の大きな原因となります。

歯みがきが不十分になると口の中に食べかすが残りやすくなり、その結果、歯垢(プラーク)が歯に付着し、虫歯歯周病(歯槽膿漏)へと繋がり口臭の原因となるのです。

不十分な歯みがきは口臭の原因となります 歯みがきはいつしたらいいの?


基本的には食べたら歯みがきをする習慣を心がけましょう。しかし食事中はもっとも唾液の分泌量が増えますので、食べたらすぐ磨くよりも、少し時間を置いてから磨くといいでしょう。

歯みがきと同時に糸ようじや歯間ブラシ、マウスウォッシュ(口内洗浄液)などを利用し、歯垢(プラーク)を付着させないように心がけることも大切です。

また口臭や虫歯を気にするあまり、過度な歯みがきは逆効果になることもありますので注意し、正しい歯みがきの仕方を歯科医や歯科衛生士などに教えてもらうことも必要かもしれません。





天然素材生まれの口臭・体臭対策サプリ

数々のマスコミ、メディアで取り上げられた速攻&強力消臭サプリ“シューナックス”は、口臭、体臭だけでなく便臭、オナラ臭までニオわない♪



 

Copyright © 2006-2019 口臭・体臭を消す!. All rights reserved