口臭と体臭の予防対策TOP > 口臭の原因 > タバコ(喫煙)

タバコ(喫煙)


タバコは口臭や歯周病の原因となります タバコを吸う(喫煙)と口臭の原因となります。

タバコにはご存知のように"タール・ニコチン・一酸化炭素"といった成分が含まれていますが、これらは唾液の分泌量を低下させたり、歯垢(プラーク)歯石が付着しやすく、また歯ぐきの血行を悪くさせることが分かっています。

歯ぐきの血行が悪くなると歯周病(歯槽膿漏)になりやすく、現にタバコを吸う人は吸わない人と比べると5倍も歯周病のリスクが高いともわいれています。

また歯周病は口臭の大きな原因ですので・・・

タバコを吸う⇒歯周病になりやすい⇒口臭
タバコ(喫煙)はニオイだけでなく健康にもよくない
といった悪循環となるのです。

もちろんタバコには特有のニオイもあり、自分では気付かないことが多いのですが、吸わない人は「この人タバコを吸うな」と、すぐに分かります。

このようにタバコにはニオイに関係することが多く、予防対策としてはタバコをやめるしかありません。もちろんタバコは口臭だけでなく、身体によくないことは明らかですので、1日も早くやめることをオススメします。





天然素材生まれの口臭・体臭対策サプリ

数々のマスコミ、メディアで取り上げられた速攻&強力消臭サプリ“シューナックス”は、口臭、体臭だけでなく便臭、オナラ臭までニオわない♪



 

Copyright © 2006-2019 口臭・体臭を消す!. All rights reserved