口臭と体臭の予防対策TOP > 口臭の原因 > コーヒー

コーヒー


コーヒーは口臭の原因となります コーヒーを飲むと口臭の原因となります。

コーヒーに含まれている渋み成分のクロロゲン酸やタンニンには唾液の分泌を抑える抑える働きがあり、唾液の分泌量不足になると口の中の細菌が洗い流されず、また細菌が繁殖しやすくなりますので、口臭へと繋がってしまうのです。

しかし食事中や食後であれば唾液の分泌が盛んになっていますので、コーヒー1杯くらいであればまったく口臭の原因となることはありません。

逆に空腹時や起床時(寝起き)にコーヒーを飲むと口臭の原因となりやすくなりますので注意しましょう(気になる場合はコーヒーを飲んだ後、うがいをしたりガムを噛みましょう)。

コーヒーは口臭予防効果もある?
ブラックコーヒーには口臭予防効果が期待できる
コーヒーは口臭の原因となりますが、逆にコーヒーには口臭予防効果もあるのです。

コーヒーに含まれる香りに関係するフラン類という成分には消臭効果が期待でき、特にニンニクなどのニオイのきつい食べ物を食べたときには一時的な口臭予防効果が期待できます。

しかしフラン類はミルクによって分解されやすくなりますのでブラックがおすすめです。もちろん飲みすぎると口臭の原因となりますので注意しましょう。





天然素材生まれの口臭・体臭対策サプリ

数々のマスコミ、メディアで取り上げられた速攻&強力消臭サプリ“シューナックス”は、口臭、体臭だけでなく便臭、オナラ臭までニオわない♪



 

Copyright © 2006-2019 口臭・体臭を消す!. All rights reserved