口臭と体臭の予防対策TOP > 口臭の原因 > 歯並び

歯並び


歯並びが悪いと口臭の原因となります 歯並びが悪いと口臭の原因となります。

歯並びが悪いと歯みがきをしても磨き残しが多くなり、歯垢(プラーク)歯石が付着し、虫歯歯周病(歯槽膿漏)になりやすくなり、その結果、口臭がするようになるのです。

また歯並びが悪いと噛み合わせが悪くなり、唾液の分泌量が減少し、細菌が洗い流されないので口臭に繋がってしまうのです。

歯並びの悪い人は歯みがきに加え、糸ようじや歯間ブラシなどを使用したり、歯科医院で正しい歯みがきの仕方を指導してもらい、場合によっては治療することも必要かもしれません。

歯並びが悪いとなりやすい症状

・虫歯・歯周病・口臭
・食べすぎによる肥満(満腹感がえられないため)
・消化吸収作用の低下
・便秘
・高血圧
・近視
・不眠症
・顎関節症
・発音が悪い

歯並び(噛み合わせ)が悪くなると以上のような症状になりやすくなり、この歯並び(噛み合わせ)を矯正することでこれらの症状が改善されることも珍しくありません。





天然素材生まれの口臭・体臭対策サプリ

数々のマスコミ、メディアで取り上げられた速攻&強力消臭サプリ“シューナックス”は、口臭、体臭だけでなく便臭、オナラ臭までニオわない♪



 

Copyright © 2006-2019 口臭・体臭を消す!. All rights reserved