口臭と体臭の予防対策TOP > 口臭の原因 > 歯石

歯石


歯石は付着させない事が大切 歯石とは文字通り歯についた石のような物質のことで、歯垢(プラーク)が唾液の中のミネラル(カルシウム・リン)と混ざり合い、石灰化したものです。歯垢(プラーク)同様、この歯石も口臭の大きな原因の一つとなります。

歯石を除去するにはどうすればいいの?

歯石はとても硬く、一度歯に付着した歯石は通常の歯ブラシでは完全に取り除くことは出来ませんので、歯科医などで除去してもらわなくてはいけません。

また歯に付着した歯垢(プラーク)は2日ほどで歯石になるといわれていますので、日頃から正しい歯みがきや、食べたら磨く習慣、歯間ブラシなどを利用し、歯垢(プラーク)を付着させないことが大切になります。

歯石を放置しておくとどうなるの?歯石は半年に1度は歯科医で除去してもらいましょう
歯石を放置していて一番問題になるのがその表面です。歯石表面はザラザラ・凸凹しているので歯垢(プラーク)が付着しやすく、虫歯歯周病(歯槽膿漏)、口臭や口内炎の原因となってしまいます。

いずれにしても歯石になる前の歯垢(プラーク)を付着させない、または最低でも半年に1度は歯科医で歯石を除去してもらうことがとても大切です。





天然素材生まれの口臭・体臭対策サプリ

数々のマスコミ、メディアで取り上げられた速攻&強力消臭サプリ“シューナックス”は、口臭、体臭だけでなく便臭、オナラ臭までニオわない♪



 

Copyright © 2006-2019 口臭・体臭を消す!. All rights reserved