口臭と体臭の予防対策TOP > 足のニオイ > 足の裏のニオイの原因

足の裏のニオイの原因


足の裏は細菌が繁殖しやすくニオイが発生しやすい 足(足の裏)はさまざまな理由によりニオイが発生しやすい部位です。

現代人は靴を履いて生活していますので、必然的に足の裏は蒸れやすく、汗をかきやすく、さまざまな細菌が繁殖・増殖しやすいのです。

特に若い女性や、サラリーマンの人たちは群れやすい革靴や、ブーツ、パンプスなどを履いていますので、より細菌が増殖しやすい環境といえます。

これらの増殖した細菌が汗や皮脂を分解したときにニオイが発生しますので注意が必要です。現代人の足の裏はストッキングや革靴で蒸れやすく、ニオイが発生しやすい

またこれらの細菌の中に、いわゆる水虫菌である"白癬菌"が存在し、そのまま放置しておくと水虫となり、よりニオイが発生することになりますので、日頃から足の裏を清潔に心がけましょう。

足のニオイの原因

・汗をかきやすい
・蒸れやすく細菌が繁殖・増殖しやすい
・水虫



天然素材生まれの口臭・体臭対策サプリ

数々のマスコミ、メディアで取り上げられた速攻&強力消臭サプリ“シューナックス”は、口臭、体臭だけでなく便臭、オナラ臭までニオわない♪



 

Copyright © 2006-2017 口臭・体臭を消す!. All rights reserved