口臭と体臭の予防対策TOP > 口臭の原因 > 口臭発生のメカニズムと原因

口臭発生のメカニズムと原因


口臭発生原因にはさまざまありますが、多くに共通しているのが唾液の分泌量不足による口臭です。

口の中には"100億以上もの細菌"が棲息しているともいわれ、これらの細菌が食べかすや剥がれ落ちた粘膜などを分解する際に口臭の元となる物質を作り出し、これが口臭となってしまうのです。

しかし唾液が十分に分泌されていれば、食べかすや細菌を洗い流してくれるので口臭が気になることはないのです。

また口臭は口の中だけが原因で起こるわけではありません。食べ物や病気・疾患などが原因で体内、特に腸内で毒素や有害物質が作られると、血液を循環して全身に流れて行き、皮膚や肺から排出され、それが口臭や体臭の原因になることもあるのです。

口臭の原因物質にはさまざまありますが、主なものとしては、メチルメルカプタン・硫化水素・ジメチルサルファイド・アンモニア・インドール・アミン・アセトン・アルコールなどがあります。





天然素材生まれの口臭・体臭対策サプリ

数々のマスコミ、メディアで取り上げられた速攻&強力消臭サプリ“シューナックス”は、口臭、体臭だけでなく便臭、オナラ臭までニオわない♪



 

Copyright © 2006-2017 口臭・体臭を消す!. All rights reserved