口臭と体臭の予防対策TOP > 口臭の原因 > 唾液の分泌量不足

唾液の分泌量不足


唾液の分泌量不足が口臭の大きな原因 口臭の大きな原因となる唾液不足。

唾液には洗浄作用、抗菌作用、粘膜保護作用、味覚の促進などの役割があり、食事中に大量に分泌され、口の中の機能を保つ重要な働きをしています。

この唾液の分泌量が何らかの原因で不足すると、口の中の細菌が洗い流されず、さらに細菌が増殖・繁殖しますので口臭がきつくなったり、虫歯歯周病(歯槽膿漏)になりやすくなるのです。

唾液の働き

・消化作用
・抗菌作用
・溶解作用
・洗浄作用
・円滑作用
・ph緩衝作用
・保護作用
・再石灰化

唾液の分泌量が不足する原因唾液の分泌量不足はストレスが大きな原因
ストレス(緊張)
加齢
・不規則な食生活(朝食を抜く・過度なダイエット)
・不規則な生活(睡眠不足
薬の副作用

唾液の分泌量が不足して現れる症状・病気唾液の分泌量が不足すると口臭や虫歯となりやすい
・口臭がきつくなる
・虫歯になりやすくなる
・歯周病(歯槽膿漏)になりやすくなる
ドライマウス
・舌が痛くなる

唾液の分泌量を増やすには唾液の分泌量を増やすにはよく噛んで食べる
・水分補給
ガムを噛む
・食事はよく噛んで食べる
・うがいをする
・よく喋る

唾液の分泌量が極端に減少すると口の中に細菌が増殖し、口臭や虫歯、歯周病などのさまざまな症状が現れますので、日頃から唾液が不足しないような生活を心がけましょう。





天然素材生まれの口臭・体臭対策サプリ

数々のマスコミ、メディアで取り上げられた速攻&強力消臭サプリ“シューナックス”は、口臭、体臭だけでなく便臭、オナラ臭までニオわない♪



 

Copyright © 2006-2017 口臭・体臭を消す!. All rights reserved