口臭と体臭の予防対策TOP > 口臭の原因 > 歯垢(プラーク)

歯垢(プラーク)


歯垢(プラーク)とは歯の表面や、歯と歯の間、歯と歯ぐきの境目に膜のように付着した黄白色で粘りけのある物質のことで、食べかすなどではなく、細菌(口腔常在菌)の塊です(専門用語ではデンタルプラークと呼ばれています)。

歯みがきだけでは歯垢(プラーク)を完全に取り除くことは難しい 歯垢(プラーク)の中の細菌には虫歯歯周病(歯槽膿漏)の原因となる細菌も棲息し、これらの細菌が酸を出し、歯を溶かしていくと虫歯となり、毒素を出して歯茎を破壊すると歯周病(歯槽膿漏)となります。またこの歯垢(プラーク)が口臭病的口臭)の大きな原因の一つでもあります。

最近よく耳にするようになった
“プラークコントロール”とは、虫歯や歯周病、口臭を防ぐために歯垢が付着するのを阻止、または付着した歯垢の増殖を抑えようということです。

〜歯垢(プラーク)はどうして出来るの?〜
歯垢(プラーク)1mg中には数百種類以上、数億個の細菌が棲息し、食べ物、特に砂糖などの糖分を栄養にし、1度付着するとどんどん増殖していきます。

〜歯垢(プラーク)を除去するにはどうすればいいの?〜歯垢(プラーク)は定期的に歯科医で除去してもらいましょう
歯垢(プラーク)はうがいでは取ることが出来ず、歯磨きでも丁寧で正しい磨き方をしなければ取り除くことは出来ません。

また歯垢(プラーク)は歯に付着して時間が経つと取れにくくなり、特に歯と歯の間や、歯と歯茎の間の歯垢(プラーク)は磨き残すことが多く、毎日の歯みがきでも取り切れていないのが現状です。

〜歯垢(プラーク)を放置しておくとどうなるの?〜
歯垢(プラーク)を放っておくと歯垢の中の細菌は、唾液の中のカルシウム成分と混ざり、やがて石灰化して歯石となります。

歯垢(プラーク)の段階では正しい歯みがきで取り除くことができますが、歯石に変わると歯みがきでは取り除けなくなり、歯科医でなければ除去することが出来なくなるので、日頃から歯垢(プラーク)を付着させないように正しい歯みがきや、食べかすを残さないように、食べたら歯をみがく週間を心がけましょう。




数々のマスコミ、メディアで取り上げられた話題の速攻
&強力消臭サプリ口臭・体臭サプリ「シューナックス」
口臭、体臭だけでなく便臭、オナラ臭までニオわない♪

                        




サイト内検索

カテゴリー

SNS/ブックマーク



サイト更新日

平成26年4月6日
 

Copyright © 2006-2014 口臭・体臭を消す!. All rights reserved